アーカイブ

‘3.5’ タグのついている投稿

SQL Server Compact 3.5のSqlCeDataReaderをリードすると異常に遅い…

2009 年 4 月 23 日

SqlCeDataReaderをリードすると異常に遅い

photo by Bеn

SQL Server Compact 3.5のSqlCeDataReaderを使用して、”While”ステートメントでループ処理を行い、データをリード。

SQL Server 2008 ExpressではSqlDataReaderを使用して、同様の処理を行えますが処理時間が異常に違います。

なにか、設定が必要なのか?といっても、SqlCeDataReaderにはSeekぐらいしか見あたらないし……

続きを読む…

SQL Server, データベース , , , , , ,

SQL Server Compact 3.5ではSQL文は1文づつしか発行できません。

2009 年 4 月 23 日

SQL文は1文づつしか発行できません。

photo by tolis*

SQL Server 2008 Expressなどでは、SQL文をまとめて発行できます。

例えば下記のような文です。

コマンドラインで操作するときのように”;”でSQL文を締めて発行すれば受け付けてもらえます。

DELETE  from hoge WHERE hoge_id = 1;
DELETE  from hoge WHERE hoge_id = 2;
DELETE  from hoge WHERE hoge_id = 3;

しかし、SQL Server Compact 3.5ではこれは受け付けてもらえませんん。

仕様のようです、あきらめて一文づつ発行するしかないようです。

SQL Server, データベース , , , ,

SQL Server 2008でdatetime型の項目からWhere句で該当日付の範囲データ抽出

2009 年 4 月 22 日

datetime型の項目からWhere句で該当日付のみ抽出

photo by Steve-h

SQL Server 2008から、Date型、Time型が追加となりましたね。

SQL Server 2005までは、Datetime型しかなく「日付のみ保持したいのに…」とか、「時刻のみ保持したい…」という場合も、datetime型で代用していました。
ですが、日時をまとめて保持したい場合は、datetime型を利用します。

たとえば、 ’2009/01/01′の値が入っている該当項目を抽出したいとき、下記のように問い合わせても抽出できません。
比較対象が、datetime型なので日付ではないからです。

続きを読む…

SQL Server, データベース , , , , , , ,

SQL Server Compact 3.5 でIDENTITY値を再設定するには?

2009 年 4 月 22 日

SQL Server Compact 3.5 でIDENTITY値を再設定

photo by TommyOshima

SQL Server 2008 Expressなどの、Transact-SQLでは、SQL Server のデータベース コンソール コマンドとして機能するDBCCステートメントが用意されていて、この機能を使用すれば、IDENTITY値の再設定が可能でした。

しかし、SQL Server Compact 3.5 ではDBCCはサポートされていません。

テーブルを一旦、空にして、IDENTITY値を初期値に戻したい時などに必要でした。

続きを読む…

SQL Server, データベース , , , , , ,

SQL Server Compact 3.5 でTRUNCATE TABLEは使えないようです。

2009 年 4 月 22 日

SQL Server Compact 3.5 でTRUNCATE TABLEは使えない

photo by -Angela

SQL Server 2008 Expressなどの、Transact-SQLでサポートされている、TRUNCATE TABLE ステートメントがあります。

TRUNCATE TABLEを使用すると、指定したテーブル内のすべての行を削除してくれる便利な文です。

DELETE ステートメント に、WHERE句をつけなければ、TRUNCATE TABLEを発行するのと同等にテーブル内のすべての行を削除することは可能なのですが、TRUNCATE TABLEはテーブル内削除のためだけの関数なため、利点がいくつかあります。

続きを読む…

SQL Server, データベース , , , , , , , ,

SQL Server Compact 3.5 と SQL Server 2008 TOP句の記述の許容の違い

2009 年 4 月 21 日

TOP句の記述の許容の違い

photo by artzy.viva

SQL Server Compact 3.5で、TOP句を記述してエラーとなりました。

SQL Server Compact 3.5はイマイチ、返されるエラーが大雑把で原因が分かりにくいですね。

エラーとなったTOP句を含んだ文

select TOP 1 hoge_id from hoge ORDER BY hoge_id DESC

続きを読む…

SQL Server, データベース , , , , , ,

SQL Server 2008 と SQL Server Compact 3.5の機能、SQLコマンドなどの比較

2009 年 4 月 14 日

SQL Server 2008 と SQL Server Compact 3.5を比較

photo by hwtnv2006

SQL Server 2008(Editionがいくつかありますが、コアエンジンは同じ)と、SQL Server Compact 3.5これらの違いはどこにあるのでしょうか?

機能差があまりなければ、SQL Server 2008を使用して動作するアプリケーションソフトをデータベース接続部分の切り替えのみで、動作させることができます。

SQL Server Compact 3.5の特徴として

  • DLL7つで構成されている
  • XCopyでインストール作業は必要ない
  • 構成ファイルの容量が3MB未満

この3つから考えても、SQL Server 2008と比較した際、いくつもの機能が省略されているものと思われます。なにができて、なにができないのでしょうか?

続きを読む…

SQL Server, データベース , , , , , ,

SQL SERVER Compact 3.5でコードからデータベースを作成するには

2009 年 3 月 13 日

sqlserver compact 3.5 接続

photo byPhoto by Harry Browne

SQL Server Compact3.5をデータベースとして使用する、ソフトウェアで、起動時にデータベースファイル(hoge.sdf)の存在可否をチェックし、存在しなければファイルを生成する場合、どのようなコードでデータベースを作成するのでしょう。

続きを読む…

SQL Server, データベース , , , ,